YouTubeにリプレイをアップしようトップ>>用意したもの>>AVIファイルを作る>>ムービーを編集(カット)する>>編集したムービーをエンコードする>>YouTubeにアップロードする

(3)ムービーを編集(カット)する

編集が必要になったのは
当初は、デフォルトの設定(品質75)で対戦プレイ1回分の動画を撮って、後でサイズを見たらものすごく大きかった
次に品質を30まで下げて、出来たAVIファイルを再生してみたら、特別見難い訳じゃないし、プレイしてる時は聞こえなかった「音」も(この品質でも)再生してみたら(なぜか)ちゃんと出てるので、とりあえず品質30で適当に撮ってみて、それからどうするか考える事にした
品質30にしても、一回の対戦で勝負がつくまでプレイすると、プレイ時間そのものが10分以上になるし、やっぱりものすごくファイルサイズが大きかった
YouTubeにアップロード出来る動画ファイルは、mpg形式とAVI形式で、ファイルサイズは100Mまで、再生時間は10分以内と言う事になっている(らしい)
とてもじゃないけどもそのままじゃYoutubeにはUPできそうになかったので、この動画を編集、と言うか、一部を切り取る事を思い立って、そこで初めてwindowsムービーメーカーの事を思い出した。

ムービーメーカーを立ち上げ、下にある、フィルムみたいなグレーの細長い部分(ストーリーボードと呼ぶらしい)に、編集したいAVIファイルをドラッグする

ムービーメーカー

すると、上中央のところに、AVIファイルが見えるように出てくる

Dr.マリオのAVIファイルをドラッグしたところ

次に、この中央のAVIファイルを示すアイコン(なのかな?)をもう一度下のストーリーボードにドラッグすると、ストーリーボードと右の再生画面(みたいなところ)にAVIファイルの最初の部分の画面が表示される

再びドラッグしたところ

それから、ストーリーボードの画面アイコンのところにマウスを持って行くと、赤い矢印が出るので、それを右に動かすと、動画のスタート地点が移動出来るようになって、動画の前の方の部分がカット出来る。

カットの方法

矢印の動きに合わせて、上の再生画面にはその地点での動画が出てくるので、それを見ながらカットする場所を決める。

カットの方法

同じような要領で、後もカット出来る。

カットしかしていない
私の場合は、兎に角動画をアップロードできるサイズにしたかったので、前と後ろを切っただけなのだった
ただ、編集メニューには、他にもいろんな事が出来るような事が書いてあった
後、タイトルは編集メニューから追加した

だいたい出来たら、ムービーの保存を選んで、保存ディレクトリとファイル名を決める

そうすると、選んだディレクトリに、拡張子が.wmvの動画ファイルができています

AVIからwmvにした時
ムービーメーカーで編集して出来た動画は.wmv形式になる
画質30で(約)3分のAVI形式の動画のサイズは182 MBだったけど、これが編集を経たにも関わらず――前の部分を少しカットしてから(嬉しそうに)タイトルとスタッフロールをくっつけた――、やっぱり(約)3分のwmv形式の動画にしたら、そのサイズは8.75 MB (9,177,502 バイト)と、ものすごく小さくなった
AVIファイルを作るに戻る<<YouTubeにリプレイをアップしようトップ>>編集したムービーをエンコードするに進む

バナー