ギゼの洞窟

Stage1


one point

アイギーナの冒険は一度クリアした面は何度でも 入れます。つまりステージが先に進んで、二度と行きたくないような難しい面で敢えて 鍵やお金を集めなくても難易度が低く、慣れた面で簡単にアイテム稼ぎが出来ると言うことです。 そういう意味で、この最初のステージ(正式名称<ギゼの洞窟>情報提供:佐野山無双さん) は非常に使用頻度が高くなりがちです。
ここで一気にお金と鍵を貯め込んでおいて、 そのパスワードを保存して、後に進むと、かえって楽かもしれません(笑)

ここで覚えてしまいたいのは、シューターの効率的な使い方。
シューターは一度撃ってしまうと、二度とは使えないので、当たり前に考えると、 上から作ってだんだん下に行く方が無駄が少ないように思えます。
が・・・上の方でシューターを作るのは、足場が悪い為、やたらと時間がかかります。 なので一気に下まで降りてしまい、横に走りながらつづけてシューターを作ってしまった方が 短時間で沢山のシューターを作る事が出来ます。
特にこの一番最初の面は、下の列のブロックが並んでいてすぐに多くの シューターを作る事が出来るので、ぐずぐずしてないで最初に下まで降りてしまって いっきにシューターを並べてしまいましょう。

さて、一通り最下列にシューターが出来たら、「魔封じの玉」の方をとります。 「しびれ薬」は非常に使い勝手が悪い上にモンスターを倒す事が出来ないので 取らないのが基本。
というのは、アイテムのところでも書きましたが、攻撃アイテムは 1種類しか持てないので、「しびれ薬」を持ってしまうと、 「魔封じの玉」は取れなくなるのです。取り合えず「しびれ薬」を取ってしまって、 それを使っている間に「魔封じの玉」を捜すと言う手もありですが、 効果が切れたとたんにモンスターが動き出すので、結構面倒です。
又、次の「攻撃アイテム」が簡単に取れる状態にしてから、今持っている 「攻撃アイテム」を使うのが理想的です。
簡単に「魔封じの玉」が取れない面で、どうしょうもない場合だけ「しびれ薬」を取りましょう。攻撃アイテムを 何も持っていないよりはマシです。

もう一つの難題がアスレチック面(?)です。 パズル的な要素もありますが、違う意味でのアクション性が高いのです。 アスレチック面では、動く敵が次々に出てくることはありません。じっとしている 「イカ」を倒して進みます。
シューターの射程を考えて、下準備をして「イカ」を撃ちます。 むしろシューターにたどり着くのが大変です。真下のブロックにも 真上のブロックにも横が開いてさえいれば基本的には行けます。ただ、 ドット単位のずらしと移動しながらの+ボタンでの微調整が必要。 ハイジャンプをしながらの移動もここで覚えましょう。

あと、面をクリアする為に一定数のモンスターを倒すのですが、 ほこらに入ったり、死んでしまうと、 倒したモンスターのカウントが元に戻ってしまうので、 注意しましょう。又、モンスターを倒して、次の面への入り口が開いても、 そこを通過しない状態で、ほこらに入ったり、死んだりしても、 カウントはリセットされ、開いた扉も元に戻ってしまいます。

map5の左下から2コマ目の所で3回ジャンプすると 「隠し面」への扉が開きます。 最重要アイテム オーラパーツを守るモンスターをかいくぐって(倒せません) かけらをゲットしましょう。


詳細マップ&アイテム

map1 | map2 | map3 | map4 | map5 | seacret room | map final

map1

map2

map3

map4

map5


secret room

mapfinal