ワインボトルのノート片

が過ぎ去って、……あれだけ長いこと島を包んでいた重苦しい雲が、晴れていきます。

 雲間からは木漏れ日が差し、……昨日までの嵐がまるで嘘だったかのよう。

 船着場には、誰かが望んだとおりに、再びうみねこたちが帰ってきて、にぎやかな鳴き声を聞かせてくれました。

 その後、やって来た警察により現場検証が行われました。

 最後まで生き残ったと思われる子どもたちの遺体はついに発見されませんでしたが、発見された身体の一部や、想像を絶する凄惨な現場状況に、警察は子どもたぎも含めた18人全員の存命は絶望的だと思わざるを得ませんでした…。

 魔女の宴が、どれほど凄惨なものだったのか。

 そして、黄金郷が如何に美しいところだったのかは、彼らのみに語られる物語…。

 宴が終わった後にやって来た人間たちに、語る物語などありはしない。ただただ、この二日間の間に何があったのかを想像する他ありません。

しかし、…魔女は気まぐれでした。

この、語る必要のない物語を、あえて残し、伝えることを許されたのです。

 それから数年後。

 近隣の島の埠頭にて波間を漂う不思議なワインボトルが、漁師によって引き上げられました。

 その中にはびっしりと細かい文字で書かれ、細く丸めたノート片が詰め込まれておりました。

 それこそが、………この、物語。

 謎に包まれた1986年10月4日からの謎と怪異に満ちた二日間の正体を、人々はこのノート片によって初めて知ることになります。

 この事件はその後「六軒島大量殺人事件」「六軒島18人殺し」等と呼ばれますが、世の好事家たちは「魔女伝説連続殺人事件」と呼び伝えていきました。

 オカルトを好む者は、島を閉ざしての背徳的な儀式の成れの果てであると主張しており、謎に満ちた二日間を各々の解釈で残虐に修飾しては、広めていきました。

 しかし、どのような解釈であったにせよ、それらは事実の真相に至るものではありません。

 そして、ワインボトルのノート片は、この謎に満ちた事件を語りつつも、その真相については語っていません。

 いや、…ノートの書き手も、真相を知らなかったのかもしれません。

 あるいは、真相を、知りたいのかも。

 書き記した人物の自署によれば、…彼女の名前は、右代宮魔利亞。

 なお、警察による懸命の捜査の結果、右代宮魔利亞については、身体の一部、…頸部の一部が発見されています。

 志香の治療記録により誰の遺体の一部であるか特定できた貴重な例でした。

 …その凄惨な状況に、誰の身体の一部か特定できない部位も多数あったのですから、その顎は、非常に幸運な一部だったと言えるでしょう。

 警察は、頸部が欠損するという状況から、それ以外の部位が発見されない、あるいは特定されないにせよ、その存命は絶望的だろうと見ています。

 それでは、この物語は、右代宮魔利亞の残したノート片の最後の一文で結ぶといたしましょう…。

これをあなたが読んだなら、その時、私は死んでいるでしょう。

死体があるか、ないかの違いはあるでしょうが。

これを読んだあなた。どうか真相を暴いてください。

それだけが私の望みです。

右代宮魔利亞

うみねこ入り口????